« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

NHKラジオ外国語講座2012年7月

イタリア語講座は父親に結婚を反対されて駆け落ち家出中のカップルが出てきて、コンメディア・デッラルテの流れに沿ってきたな。
日本からの留学生である主人公の出番はどんどんなくなっていきますが。
ところでからくりサーカス的にはそろそろパンタローネとかドットーレにも出てきて欲しいぞ。
この息子娘の結婚に反対する父親というのがパンタローネの役どころなんだっけ。
そしてその家に使える小間使いがアルレッキーノとコロンビーナという。

フランス語講座の方はスキットで紹介されていたクスクスのミント風味サラダ『タブレ』が美味しそう。
クスクスとミント、荒く刻んで汁を切ったトマトにタマネギを混ぜてオリーブオイルで調味と……頑張れば作れそうかな? クスクスは輸入食材店で手軽に安く手に入るし。
しかし携帯音楽プレーヤーでケルト音楽流しながら庭のテーブルセットで朝食ってオシャレですな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今更カレンダーを貼ってみる

ずっと勿体無くて貼れなかったゆかりんのポスターカレンダーを貼った。何しろでかいのでふさわしい場所を空けるのがなかなか難しかったのだ。
2010年の冬コミの時に貰った印刷所の宣伝を兼ねたカレンダーを外して場所を開けたが、思えば2011年震災にも耐えて壁に貼り付いていたのだ、なかなか偉いやつだ。
このカレンダーは四隅をだるまピンで留めていた。一本一本抜いていくと、右上隅の穴がやけに大きかった。
そこは、ゆかりんカレンダーを留めるためにピンを挿そうと考えていた場所だった。
何故だろうと不思議に思い、そしてかつてその場所にカレンダーを貼っていた事を思い出した。
その時々のアニメカレンダーを留めるのにその穴を使っていて、そのため穴が広がっていたのだ。
もう十年くらいぶりになろうか、そこに月めくりのカレンダーが戻ってきた事になる。
巡り巡って元の鞘に収まったといったところだろうか、なんとも気分が良い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

みっくみく20120728

『あなたの歌姫』EXTREME初見でクリアできた。
まあ初期曲で有名曲だからかな。
まあよかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏コミのミス・モノクローム本

これビデオソフトの発売待ってちゃんとした本出した方がいいような気がしてきた…… でもビデオソフト出るの冬コミ直前だしなあ……うーむ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

みっくみく20120717

中級も金報奨クリア。
結局HARDでやった方がCOOL率は安定するような気がする……ノートの多さや慣れ的に。
いつの間にか私もHARDメインでプレイするようになったんだなあ。しみじみ。

明日は初級にチャレンジしよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

みっくみく20120716

アルタイル獲得しましたお( ^ω^ )
これで勝つる

ちなみにサヨナラ・グッバイ→ペリコ・スペースシッパー→Holy Star -2010 DIVA mix-→ナイトメア☆パーティーナイト

| | コメント (0) | トラックバック (0)

メメント・モリ

『自殺の練習』という言葉を見て、自殺する状況を想定する事で自分は明日にも死ぬかも知れない存在である事を自覚し、現在の自己と向き合い、来し方を思い返し、行く末を考え、おのれの生と改めて出会うという試みだと思って甚く感心したのだけれど実際には割と斜め上だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

みっくみく20120705

Project DIVA ARCADEがVersionBになってきたので早速プレイ。
夜のゲーセンは周辺店舗が閉店してて素敵。
かつてアクエリアンエイジオルタナティブもこんな環境でプレイしたっけな。
ナイトメア☆パーティーナイトとHoly Star -2010 DIVA mix-の嫁曲セットで安定の破瓜プレイ。
あとslumpEASYと新機能ランダムセレクトのマイリストHARDと(Dearが出た)最後にまた嫁曲セットをEXTREMEでプレイ。クリアボーダーが2曲目も変わらなくなったのがうれしいね。
そしてこのブログカテゴリにも遅ればせながら『初音ミク』を作りました。ハクやテトのこともつぶやくよ! たぶん。テトこないかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

まいにち外国語2012年度7月

後半戦に突入していきなり姉夫婦(予定)が現れました。
出会ったら日本語で話し始める百合ちゃんとさくらちゃん。あたかも中の人がフランス人であるかのようなちょっとたどたどしい感じを受けますがたぶん気のせいです。

7月3日のフランス語は大きな数字。レンヌの人口を聞いたあたりで今日はでかい数字かと思うあたり悪い意味で慣れています。
10億を聞くたびにガンダムWのゼクス・マーキスことミリアルド・ピースクラフトを思い出すので困る。フランス語でいいんだっけ? ゼクスがドイツ語だからやっぱりドイツ語のMilliardeでいいと思うけど。

一昨日セリアに行ったら外国人親子が来ていて、父親が英語で何を買うのか訊ねたら娘が「算数ノート!」と答え父親も「算数ノートね(日本語)」と返していた。
聞くとはなしに耳に入ってきた会話では父親が英語、娘と息子が日本語で話していて、まあ私は日本人なのでお子さんが日本語を話してくれるのはとてもうれしいんですが、でも少し寂しくもなった。
……が、あの姉弟も話そうと思えば英語で話すことができるかも知れないし、親子の言語が共通というのも日本の、首都圏で標準語を話してきた私のセンチメンタルな幻想なのかも知れない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

諏訪功『ドイツ語で読む珠玉の短編―対訳』

昨日の日記で取り上げた諏訪先生の本が本屋にあったので立ち読みしてきた。

ボルヒェルトの『パン』ってあれで全部だったのか。
戦後の食糧難の時代、空腹に目が覚めて(?)こっそり台所でパンを切って食べる夫と、目が覚めて台所に行った妻の気まずい邂逅、そして翌朝自分のパンを一切れ減らしてその分夫に食べさせる妻という話なのだけれど、飽食の時代に生きている自分には本来の理解はなかなか出来ないのだろうなあと……
シュトルムの『広間にて』は岩波文庫版『みずうみ』に収録されている版で読んだことがあるがなかなか素晴らしい作品だった。『みずうみ』は胸に切なくほろ苦い作品だったけれど、『広間にて』は未来への希望を抱けるというか。

『読んで味わうドイツ語』ではほとんどすべての文に対して文法事項や類似用法など付されてたけどこちらは簡潔に取り上げてるのみ。
まえがきにも『聞く・話すが重要視されるが「読む」を重視してみたい』とあったしおそらく今回は文章としての読みやすさを重視したって事なんだろうなあ。
財布に余裕ができたら買いたいな。

まどか☆マギカとの関連性がとりざたされた時、ユーロが安かったこともありファウストのレクラム文庫版を買ったので読んでみようかなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »