« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

まいにち外国語2012年度上半期前半戦終了

フランス語講座ではパリ編終了。7月からは舞台をレンヌに移しついに存在だけはほのめかされていた(というか主人公がフランスにやってきた目的そのものである)姉の桜とパートナーのジュリアンが登場するようです。
桜ちゃんは百合より3つ年上なので25歳かな。
パートナーは兄貴と同じくらいかっこ良くて兄くんより親切ですがお兄ちゃんほどお金持ちではありません。ジュリアンっていうと赤と黒のジュリアン・ソレルを思い出しますが……
桜ちゃんとパートナーの間にはすでに赤子がいるようですが、フランスでは婚姻関係にない両親から生まれた子供も多いのでそう驚くようなことでもないのかも知れません。
とはいえキリスト教圏で婚前交渉っていいのかと思ってしまう石部金吉な私。
ともあれ、百合は桜の結婚式に出席するために渡仏してきたのでした。ついにその姉と合流して第二部開始っ!
どっかで聞いたような名前だと思ったら昔の講座の主役カップルだった模様。
桜のパートナーのお兄様は話の都合でチュニジアにバカンスに行くようです。

さて今日のミニコーナーではバカンスで外国に行くフランス人について語られましたが、フランス人は国内で過ごすのが多数派で外国に行くのは少数派だそうで、さらに多くはスペインやイタリアにイギリスに行くようです。……やっぱりドイツが嫌いなのかな。

フランス語講座応用編の文学作品を取り上げる講座は6月で終了。
『ナナ』や『クレーヴの奥方』『ゴリオ爺さん』など色々読みたくなる講座でした。
『肉体の悪魔』はやらなかったかな。あれ大好き。他にアルセーヌ・ルパンとかボードレールの『パリの郷愁』、種々の哲学書、そして『失われた時を求めて』とか色々やって欲しかったのがある。
ドイツ語講座でも2005年に通年で、2006年に半年様々な文学作品を取り上げていてとても素晴らしかったけれどまだまだ色々知りたい作品があったのでどちらもまた文学の観点から開講してほしいなあ。
ところで肉体の悪魔とO嬢の物語のせいかフランス文学ってえろえろしいイメージがある。後者は読んだ事ないけど。

……って、上記2005年のドイツ語講座の4月分が本になってるのか。
放送では印象的な1シーンのみだったけど、これは1篇まるごとということかな? さらにシュトルムの『広間にて』やツヴァイクの小編も入っているとかこれは興味深い。
シュトルムは『みずうみ』が2006年講座の担当講師の思い出深い作品で、座右の書として置いて深く通読する勉強法のすすめで挙げられていたっけな。

イタリア語講座応用編の『イタリア食のサロン』も6月で終了。
イタリア料理が食べたくなる講座だったから困る。
最終回は茶がテーマでした。
イタリアに茶が普及していなかった頃、宿屋の女将に茶葉を渡したら『茹で汁』(つまりは茶)を捨てられ抽出後の茶葉と味見してみてまずさに同情した女将が添えたソーセージを皿に盛って出されたものの女将に恥をかかせないため黙って食べた将軍殿は紳士。
今では茶葉を練り込んだ菓子もあるなんて隔世の感がありますな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

みっくみく20120623

上級からプレイし始めたコンテストも初級にまいりました。
moonEXTREMEでPERFECT達成。2回目。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

20120621植物

枯死したとばかり思っていたコーヒーの木を捨てようと思ったら何と青々とした新枝が芽吹いていた。
これはうれしい! 大事に復活させていきたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

七森中うたがっせん

アイドルマスターシンデレラガールズの三村かな子役、大坪由佳ちゃんが出演するという事でやって来たゆるゆりライブ七森中うたがっせん。
我ながら珍しい流れだな。他にそんな奴がいたかどうか。
これでまた声優系の知り合いに『ゆるゆり本作れ!』って言われそうな気がするけどあの娘達で私が書くのは躊躇われるわ……
ゆるゆり本編は1期最終話を後半見ただけだったのでDVD1巻見て勉強してあとはライブ参加経験値でおぎなってみたよ!

もしかしたら生で藤田咲ちゃんや加藤英美里ちゃんを見るのは初めてかも知れん……
みんな感極まって涙してたのが印象的だったけど特に藤田咲ちゃんがものすごく泣いててこちらもうるっとする……ような純粋な心はもうとっくに失われている私ですが。
大坪由佳ちゃんもかなり泣いていた。
大坪ちゃんでかい。身長が。バウムクーヘン食うとでかくなるのか?
二人のデュエットコーナーでは由佳ちゃんが咲ちゃんから誕生日に贈られた髪飾り、咲ちゃんは同じ物を着けていてゆりゆりでした。

しかしパシフィコはいつも潮くさいな。人間の文化の所産のすぐ側に自然の塊があるというのは何とも不思議な気分だ。
モゲマスには神奈川出身の子もいるけど横浜出身の子もいるのかな。んー比奈ちゃんとか?川崎って気もするけど。

コスプレイヤーが多かったり、みんなはっぴ着てたりとなかなかカオス。
あかりの子が多かったかな。\アッカリーン/
杉浦綾乃の子がすげえかわいかった。
クイーンズスクエアのベンチで隣りに座ったお嬢さんが気合の入ったゆるゆりファンで見習わねばと思った。

行く前に寄った立川駅前でさくひまアルバムの背中に入ってる紙(本でいえば帯に相当するものか?)を拾った。天の配剤か。

直截にいって藤田咲の歌ってミクとはそんな似てないな。それこそほっちゃんのミスモノクロームの方が似てる。ミクリスペクトなので当然だけど。
それにしてもミクは一億総プロデューサーみたいなもんだからすごいわな。

行きの電車とクイーンズスクエアで人待ちをしている間に講談社学術文庫の先月あたりに出てた新刊『ヘーゲル「精神現象学」入門』を読んだのだけれどもっとも難解な哲学書と恐れられる精神現象学がこの短時間に概観できるとはありがたいですな。これが私の大学時代にあれば……って初版は有斐閣から1983年なのか。
ゆるゆり脳だったおかげでヘーゲルとショーペンハウアーがツンデレカップルっぽく見える。見えねえよ。ヘーゲル→京子、ショーペンハウアー→綾乃で。
はぁ訳書ちゃんと読んでみようかなあ。ショーペンハウアー好きだけどだからって読者までヘーゲルを忌避することはないよねと思うので。

帰りの電車は隣がずっとミクの話してて向かいがFate/Zero読んでて斜向かいがゆるゆりライブ参加者だった。すごい車両だな!
その向かいでギョロ目で目の下に隈があるおっさんが表紙に描かれた本を読む俺。俺も混ざりたかったわ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

立川たちかわ

立川に行くのは3度目。いつも雨というジンクスを払う初めての晴れ。

最初に立川に行ったのは、近くまで行ったのでついでにアクエリアンエイジオルタナティブをプレイするためだった。しかしプレイし始めて間もなく気分が悪くなって早々に撤退。
折角来たのだからと名物だというおでんそばを食べていたら回復したが、反比例するように立川に降りた時には雨がぱらつく程度だった天気が崩れ終いには豪雨になったのを覚えている。

2度目はオルタナティブも含むアクエリアンエイジで描いている藤真拓哉さんの版画展を見に行った。でモゲマス双葉杏のCDを買う。

そして今日はパシフィコ横浜桜木町に向かう前にミクを叩いた。
おそらくこれまで一番多くのゲームセンターでプレイしたゲームはアクエリアンエイジオルタナティブだが、最近ミクのプレイ店舗数が増えてきている。
ミクも好きだし同人誌も作っているけれど、何か申し訳ないような気分にもなる。アクエリオルタの事を忘れていくようでいやだな。

あるガソリンスタンドで給油するとレシート裏がマクドナルドの割引クーポンになるというキャンペーンをやっていたのだがその利用締切だったので使って立川の町を見ながら食べていたらなんだかせつなくなってきたよ。立川って大宮に似てるね。

おでんそばを最初に食べた時、本当はがんもどきのそばが食べたかったのだが、さつま揚げを載せたのが本物のおでんそばだという話だったのでさつま揚げの方を食べたのだ。
今日は2度目ということでがんもどきと卵を1個ずつ載せたものを食べた。
ネギがたくさん載ったそばにミクの笑顔が重なった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

まいにちフランス語20120612

ジャンヌたん「あの青い髪の子は誰かしら」
百合ちゃん「あれはセーラームーンね。マンガのキャラクターよ」

聴取者(おいおい青い髪はマーキュリーだろ……)

ジャンヌ「とてもかわいいわね」
百合ちゃん(セーラームーン……それは1990年台に日本で爆発的な人気を博したアニメでフランスでもとても人気がある。もっともあれは仲間の美少女戦士のひとりマーキュリーだがジャンヌに説明するのは少々面倒だしまあセーラームーンと言っておけばいいだろう……)

超吹いた。
しかし公共放送で朝っぱらからセーラームーンとか言われるとこそばゆいですな。しかも真面目に解説してるし。
大学の講義でビックリマンシールについて真顔で語られた時と似た衝撃があるな。
私は見ていないのだけれど、コンプガチャの件でニュースがモゲマスを取り上げたときも視聴者は同様の感覚を覚えたのだろうか。
もっとも、ニュースの方は背景音楽などつけられて演出される面があるので同列には語れないと思うけれど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年まいにち外国語6月

フランス語講座
姉の結婚相手の兄夫婦と仲良しの百合ちゃん。義兄に対し搦手で影響力を行使する気満々です。
何を血迷ったかジャパン・エキスポに誘っているぞ。
そして「うわあ私超行きたかったの!」とノリノリのセリフを超やる気無さげにしゃべるジャンヌたん(百合の姉の結婚相手の兄の妻で中学英語教師。料理下手)
そしてジャパンエキスポに向かうメトロでコスプレイヤーを見てテンション上がるピエール(百合の姉の結婚相手のお兄ちゃん)
しかしまあ公共放送でセーラームーンとか言われると背中がむずがゆくなるな!
せっかくなら初音ミクにしようぜ初音ミク。
ところでテキストの当該シーン挿絵がいろんなマンガアニメのごった煮っぽくてカオス。

そして6月11日のミニコーナーではコスプレについて取り上げていた。
フランス人講師「(日本人は公共交通機関の中ではコスプレをしないという話を承けて)でも原宿あたりではロリータやメイドがいると聞いたことがあります」
↑メイドがいるのはむしろ秋葉原なんでは……と思いつつ、収録が渋谷なので原宿が近いのねと思う私。

主任講師「原宿のはファッションで、日本でのコスプレは主にイベントの会場で行われるようです。フランスでは謝肉祭などの伝統があるので公共の場でのコスプレに抵抗が少ないようで、私もジャパンエキスポに行くメトロの中で見かけて驚いた経験があります」
↑えっイベントの会場って先生どこまで知ってるんですか……

それからはフランスでの仮装文化(謝肉祭やホームパーティーでの仮装)の話になったのでひと安心してたら、エンディングテーマに載せての雑談コーナーで
主任講師「そういえば名古屋でコスプレサミットというイベントがあるようです」
フランス人講師「どんなコスプレをするんでしょうか?」
主任講師「ホームページがあるのであとで見てみるといいかも知れません」

あ、あとフランス語でも「コスプレ」「コスプレイヤー」と言って、和製英語がそのままフランス語化している例だそうです。興味深いね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京MX北斗の拳再放送

地獄少女の時間だと思ってたらいつの間にか北斗の拳が始まってた。
北斗の拳のアニメ初めて見るけど話がサクサク進んで気持ちいいな。
それとも本筋の話では引き伸ばしてるんだろうか……?
ストーリーも『無辜の村人が苦しめられる→原因の悪いやつを倒しに行く→悪いやつ酒池肉林→雑魚を無残にやっつける→ボスが南斗聖拳を使ってちょっと苦戦するけど攻略→「経絡秘孔の一つ**を突いた……お前はもう死んでいる」→村人救われたよやったね!』お約束を抑えてて楽しかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

手帳は文庫本サイズノートをつかってます

買い切り製品の投げ売りカートにドイツ語やフランス語の手帳が入ってたので、話の種にもなりそうだし、仏滅が気になる質なもので流石にドイツ語の手帳に六曜は書いてなかろうと思って買ってみたらしっかり六曜書いてあった。
っていうか中身日本語じゃないですか! 東京大阪名古屋札幌福岡地下鉄路線図とか載ってるじゃないですか!
どうやら在日外国人向けの手帳だったようで。
最終ページの個人データ記入欄にパスポート番号やら運転免許証番号の項目があった。しかしクレジットカード番号まで書くのは無用心だろ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キュウべえ搬送中

我が家の前は路駐されることが多く、出庫時に障碍になることも多く邪魔に感じていたのだけれど、今日路駐してた車がマミがマミる場面の『車内飲食禁止』と『QBが乗っています』のステッカーを貼っていてさらに初心者マークも貼っていたのでちょっと許してあげようという気分になった。
ってか俺も貼りたいわw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

みくみく20120602

EXTREMEで今クリアに近いのはココロとオオカミガールとダブルラリアットなのだけれどどっちを練習したほうがいいだろうか……全部か。
SYMPHONIC DIVE - DIVA edit -はかなり好きなんだけど連打で死ぬ。
VOiCE -DIVA MIX-とロミシンも好きだけどむずい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年まいにち外国語5月

フランス語
父親は外交官で主人公も長年フランスに滞在しネイティブのようにフランス語を扱えるという設定が明らかに。
うん、そりゃ確かに大学出て姉の結婚式までパリ観光してる余裕ありそうだ。
さて今月は主人公の姉の夫の兄夫婦のところにお招ばれした場面で敬称と親称の使い分けをやった。親称と敬称がある言語だとどこでこの使い分けをやるのかが楽しみだったりするのだが、このフランス語講座はかなり自然な流れでやっててよかった。
「10歳以上年上なので敬称で普通は話すべきだが、彼の方から親称で話そうと言ってきたので親称で話して構わない」
しかし『弟より親切ではない』『弟と同じくらいハンサムだ』『弟より金持ち』と言われてしまう兄っていったい……この『主人公の姉の夫の兄』夫婦も銀行員と中学校の英語教師ってなかなかハイクオリティだな。奥さんはバーゲンに燃えてたけど。
相変わらずフランスの社会風俗に関してのミニコーナーは面白い。
ボードレールの『巴里の憂愁』やリルケの『マルテの手記』などで読んだパリが透けて見えるようだ。
デパートについて取り上げた回では『異国迷路のクロワーゼ』を思い出して懐かしい。

イタリア語
アルレッキーノとコロンビーナは日本からの奨学金留学生『陽子』と出会った。
おおいいぞいいぞ外国語講座っぽくなってきたぞ。

コンメディア・デッラルテを復興させた大作家の銅像が動き出してパーティーに加わったぞ!
……(´・ω`・)エッ?
「銅像に話しかけられて動き出しても驚かない陽子はさすが奨学金をもらうだけのことはありますね」
うん、そうですね。

大作家先生の劇を見に行ったら大作家先生の奥さんもパーティーに加わったぞ!
Σ(゚д゚) エッ!?
当然故人なんですがあなたは何者なんですかやっぱり銅像なのそれとも幽霊?
↓ 劇を見る前に食事をしよう→えっ銅像食事すんの? ……してるよ!

すごいなアルレッキーノ展開が読めない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コミックマーケット82

金曜日西て-22aです。
アクエリアンエイジスペース。とりあえずこれでアクエリ全滅は免れた。

アクエリと堀江由衣ライブのあの方にミクハクそれと最近ハマってるモゲマスの本を出したいですが予定は未定。
アクエリは冥烙の門の状況次第かなあ……

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »