トップページ | 2006年6月 »

植物まとめ

ローズマリー
声優ユニット『やまとなでしこ』の決めポーズがローズマリーだった事から。
あれこれ構わず放置プレイ気味の方が育つツンデレなので基本的に屋外で孤独を楽しんでいる。寒さも平気で手のかからないよいこ。
好きな物は日光と感想とアルカリ性土壌。嫌いな物は湿気。

コーヒー
『ぱにぽにだっしゅ!』の放送日に夏祭で買って来た。
寒さ対策のため屋内に置かれていたので、2005年秋冬期の番組を一緒に見る事に。
この時期は保温のため夜にはごみ箱に入れられていた。ちょっと可哀相。
日差しに弱いので室内に置かれている事もあり、ローズマリーがツンデレの分の愛情も注がれているようだ。
冬でも成長する常緑広葉樹だが、親としては新芽が冷気にあたって枯れないか気が気でならない。もっとも、新芽が冷気にあたって枯れ落ちた時もやがて次の芽が伸びてきて何事もなく成長しているが…… ともあれ摂氏15度は保ちたい。
目下の悩みは脇枝がなかなか出ない事。
土にコーヒー滓を混ぜようかとも思ったが、土に悪そうだったので茶殻で妥協。

ミリオンバンブー(ドラセナ・サンデリアーナ)
セリアで売っており、いかにもおしゃれっぽかったので買って来られた。
生命力が強いため水に差しておくだけで生存するが、そのためその辺に放置されていた2本は2005-2006冬に死亡。珍しいためこまめに世話をされ保温されて生き残った斑入りは2006年5月にめでたく鉢植えに。
水に差しておくだけなので植え替えがすぐに終わる手軽さと安さのためよく買い足されている。定位置はコーヒー瓶。
とぐろを巻いているドラゴンバンブーはコーヒーと一緒に買って来ようかと思っていたが、大きくて持て余しそうだったのでやめたが、セリアで手頃な大きさの物があったので思い切って買った。
いつもは濃い緑だが、枯れる時には徐々に黄色くなって悲しい。

テーブルヤシ
南国の風情が欲しくなったので晩冬に買って来られた。
ちなみに南国風情の割に意外と耐寒性が強いらしい。
10本程あるので大きく育って鉢植えに仕立てられた2本以外は忘れ去られ気味でのびのびと育っている。すっかり忘れられた頃に新しい枝が出てきている。

朝顔
毎年初夏になるとやってくる旅芸人の女みたいな存在。
実は一番つきあいが長かったりするが、主の家族には疎ましがられているのがリアルだ。
小学生にも育てられるほどの育てやすさが売り。
鉢に蒔くとなかなか発芽せずにやきもきさせるが、こぼれ種はあっさり発芽する。

ヘブンリーブルー
毎年初夏になるとやってくる旅芸人の女みたいな存在その2。
ものすごい生命力で伸びまくり、日除けを作ったり、花の色が綺麗だったりでこちらは家族の覚えが良い。
刈って捨ててもつぼみから開花するくらいの生命力。下手するとまるでジャングル。

チランジア(エアープランツ)
面白そうだからとセリアで買って来られた。ストリートチルドレンを拾ってメイドにしたようなものらしく、この主は前にも車庫に落ちて発芽したこぼれ種の朝顔を大鉢に引き立てた過去がある。
ミリオンバンブーのように忘れ去られて枯死するのではないかと危惧されているが、水があまり必要ではなく低温にも強いのでなんとかなりそうではある。
小皿やインドネシア風の亀の小物入れに入れられて独特の雰囲気を醸し出している。

レモンタイム
お得意さんから貰ってきた。
成長が早いので気軽に料理に使われたりもしている。
花にみつばちがくる。

メリッサ
メモリーズオフ2の想い出を抱えて育っている。
食べたら気持ちが悪くなった過去がある。

サンセベリア
ゆかりんコンサートの東京厚生年金会館で見掛けたのをきっかけにセリアで買って来られ、ダイソーの専用土と2個100円の鉢に植えられる。
マイナスイオンを放出するらしい。しかし主はマイナスイオンを特に信じていない。
もっとも、植物が蒸散の過程で空気を綺麗にするのは一応信じてはいるようだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップページ | 2006年6月 »